Menu

作業員

自分でできる害虫駆除

トコジラミは吸血で生きる昆虫で、殺虫剤が効かない種類のトコジラミが出現したことで駆除が難しくなっています。殺虫剤に頼らずトコジラミ駆除を行う方法は、熱風を吹きかけて駆除する方法と、トラップを仕掛けて駆除する方法があります。

作業員

頼れる業者は対応が素早い

騒音や悪臭などの被害で困っている時は、害獣駆除業者を利用すれば問題を短時間で解決できます。頼れる業者は対応が素早いので、選ぶ際のポイントにしましょう。また、害獣駆除業者を選ぶ場合は料金もポイントの1つとして検討すると良いです。

男女

カワラバトとキジバト

日本の街中で一般的に見られる鳩は、主にカワラバトとキジバトの2種類です。カワラバトは都市部に、キジバトは山間部を中心に生息しており、害鳥として駆除の対象になるのは圧倒的にカワラバトの方が多いです。元々も高所で営巣していた習性から、マンションのベランダなどで巣作りするケースも多く見られます。

男性

害獣駆除業者の選び方

ネズミ駆除業者を選ぶときは、値段や評判を確認することが大切です。その上で駆除の内容をしっかり説明してくれることや、保証がついている業者ならネズミ駆除を任せても安心です。特に保証は再駆除しなくてはいけなくなったときに役立つので、特に重視しましょう。

虫

トコジラミの被害を防ぐ

トコジラミは害虫の一種で、夜具や家具のすき間などにひそんでヒトの血を吸います。完全に退治するにはトコジラミ駆除の専門業者に依頼するのがおすすめです。依頼者側で準備しておくべきことなどは、あらかじめ相談しておくようにします。

専門業者による駆除

ネズミ

再発を防ぐ工夫も行おう

ネズミは特に身近な害獣ですが、体が小さく、少しの隙間にも隠れることができるので、自力で完全にネズミ駆除を行うのは難しいものがあります。そして繁殖力も強く、放置しているとどんどん数を増やし、より対策が困難となってしまいます。住宅に住みつくネズミとしては、体の大きなドブネズミ、より体の小さなクマネズミ、そして小柄で少しの隙間でも侵入するハツカネズミなどがあげられます。種類によっても駆除方法は変わってきますので、どんな種類であるかもチェックしておきましょう。ネズミ駆除に役立つグッズとしては、市販の忌避剤や粘着剤、超音波を出す装置なども役立ちますが、努力しても良い結果が得られない場合は専門の害獣駆除業者に相談してみることがおすすめです。ネズミ駆除に対応した業者は多く存在しますが、やはり駆除の技術が優れていること、薬剤を使う場合も安全性の高いものを使っているかは良く確認しておきましょう。ネズミ駆除を業者に依頼する場合は、まずは現地で調査を行い、見積もりをしてもらっておくとより安心です。害獣駆除業者が行うネズミ駆除の方法は、まずは捕獲があげられますし、その他では薬剤の散布や忌避剤の使用があげられます。追い出すことができても侵入口がそのままでは、再発の恐れもありますので、侵入経路を防ぐなど再発防止の工夫も行ってもらいましょう。駆除後の保証もあれば、再発の際に安心ですので、依頼する前には長期保証が付いているかも確認しておきたいところです。